■【新宿のメガネ】三邦堂トップページ > ドイツ式視機能検査
めまい・立ちくらみ・ふらつき・肩こりなど・・・このような症状に悩まされていませんか? 視機能(斜位)について

■斜位という言葉をおききになったことがございますか?

外観上は普通ですが、目の筋肉バランスが良くない状態を言います。
物を見つめる場合には両眼でみます。
注視していないときには片方の眼が内側や外側に、また上や下を向いてしまう「ズレ」のある状態のことを斜位と言います。

物を注視しているときには、眼の筋肉の働きにより「ズレ」を正しますが、筋肉を無理に使うため、眼に疲れが生じやすくなります。
また、人が外部から得る情報の90%以上を眼に頼っていることからも左右の眼のアンバランスな情報は、時に体全体に不快な症状をもたらす場合もあります。

斜位眼による不快な症状は多くの人に見られますが、この分野はまだ研究のおくれている分野のため、どの病院へ行ったらいいのかわからないのが現状のようです。

■斜位眼による症状例

めまい 立ちくらみ ふらつき 乗り物酔い 頭痛 肩こり 吐き気 物が二重に見える 活字が飛ぶ 不同視 集中力の持続が無い まぶしい 球技が下手 メガネの具合が悪い 黒目が逃げる 立体感が無い 顔面神経麻痺 深視力が出ない(2種免許、船舶、飛行免許など) その他 
これらの症状は斜位用の眼鏡で解決できる場合があります。

■輻輳、開散、回旋視について

輻輳
視標を目に近づけると、目が内側によります(内転ともいう)、この動きが輻輳運動。
近くを見るときの動き。

開散
逆に、視標を遠ざけると目が外側に動きます(外転ともいう)、この動きが開散運動。
遠くを見るときの動き。

輻輳開散運動は立体テレビを見るときにも生じ、立体感の成因の一つ。
立体テレビでは、一般に、画像を表示するスクリーン面が固定されているため、飛び出している
画像を見ると輻輳運動は生じるが目の水晶体(レンズ)のピント調節機構は変化しない。
そのため、輻輳と調節機構の不一致が生じ、目に疲労感を生じるともいわれている。

回旋視(眼球運動)
眼球の回旋点(眼軸上で角膜頂点より約13mm後方にある)を中心として3つの軸
のまわりの運動からなる。
「垂直軸のまわりの運動」「水平軸のまわりの運動」「矢状軸」を中心とした眼球の回旋である。

■視機能検査(同時視、融像、立体視)について

眼はそれぞれに6本の筋肉がついていて、微妙なバランスを保ちながら両眼が共同運動しています。
網膜に写った映像が脳の中枢神経に伝い、脳の命令によって眼筋が働き両眼を内に引き寄せ(輻輳)、両眼の映像を一つにして(融像)、調節をし、遠近感(立体感)を出します。



動眼神経:上直筋・下直筋・内直筋・下斜筋

外転神経:外直筋

滑車神経:上斜筋

内直筋:動眼神経は内側へ。

外直筋:外転神経は外側へ。

上直筋:動眼神経は上へ。わずかに内側へ。

下直筋:動眼神経は下へ。わずかに内側へ。

上斜筋:滑車神経は下へ。わずかに外側へ。

下斜筋:動眼神経は上へ。わずかに外側へ


★眼筋の1個あるいは、数個が麻痺すれば、眼球は麻痺した筋の働くべき方向の反対側に偏位する。

★眼筋の1個又は数個が麻痺すれば、麻痺した筋の働くべき方向には眼球の運動が制限される。

★麻痺性斜視では、注視線を麻痺した筋の働くべき方向に向かわせると、斜視の程度が増大する。

視機能 眼筋視機能 眼筋
 

■カバーテスト

 視機能 カバーテスト
カバーテストの注意点
遠見及び近見は、矯正眼鏡装用の上から検査。
特に遠視の場合は、調整輻輳が加わる為注意。

カッパー角
@正常の瞳孔の反射光中心は0.5mm鼻側にズレる。
A左右の反射光の位置が対称。
B左右の反射光の位置が非対称。
 例)左 鼻側 (+) 1mm 外転(BOUT)
   右 耳側 (−) 1mm 内転(BIN)
 偏心固視がある場合がある。
 約0.5mmで約3凾ニ計算する。

視機能 瞳孔反射 視機能 瞳孔反射
瞳孔の対光反射
a、直接反応・間接反応ともに(+)、(正常反応または同程度の求心路障害)
b、直接反応(+)、間接反応(−)、(右眼遠心路の障害)
c、直接反応(−)、間接反応(+)、(左眼遠心路の障害)
d、直接反応・間接反応ともに(−)、(左眼求心路もしくは両眼遠心路の障害)

視機能 瞳孔反射
交互点滅対光反射
a、健眼照射で縮瞳(直接反応)、患眼も同じだけ縮瞳(間接反応)
b、患眼照射で散瞳(直接反応不良)、健眼も散瞳(間接反応不良)
c、aに戻り、健眼・患眼ともに縮瞳

■立体視について

視機能 立体視 視機能 立体視

■斜位について

物を見つめる(注視)の場合には両眼で見ることが出来ますが、注視してないときには片眼の眼が内側や外側または上や下を向いてしまう「ずれ」のある状態です。
注視する場合には目の筋肉(動眼筋)の働きによって「ずれ」を正していますが、筋肉を使うために「眼の疲れ」などが生じます。

視機能 眼筋
上下方向では、角膜輪部が眼裂の中央(赤道)を超えて、上下転すれば制限なし。
水平方向では、内外眼の各部に、角膜輪部が接すれば制限なし。

滑動性追従運動(パスート)
衝動性眼球運動(サッケード)

   視機能 外斜位
A.外斜位の例です。両目は見ているものに焦点を合わせますが、外側に開いてしまう傾向があります。

■斜視について

両眼の視線が目標に正しく向かわず、片眼が目標とは異なる方向を向いている場合でどちらか一方の眼だけで見ています。
   視機能 外斜視
B.左外斜視の例です。斜視では両眼同時に1点を見ることができません。この場合は左目が外側に開いています。

■網膜対応点について

斜位の測定に際してもう一つ網膜対応点について考える必要があります。
網膜対応点とは、それぞれの眼に視性刺激を与えた時、それらの刺激が同じ方向にある事を感じる網膜上の一対の点の事です。
この様に方向の同一性を感じる事が出来るのは、両眼の網膜に端を発する神経線維が、大脳の後部において交わるためと考えられます。網膜の対応が正常な場合には、両眼の中心窩はお互いに対応点であり、網膜の鼻側の小さな三ヶ月状の部分を除いては一眼の網膜上のすべての点が網膜上に対応点を有しております。この様に網膜がそれぞれに対応点を有しているために各々の眼に視線のズレを測定することが出来ます。若し対応点が正常であればたとえ視線がズレていても、中心窩を始めとしてそれぞれの対応点に写るものは同じ方向に写る訳ですから各々の眼に二つの異なった刺激を与えた時、それらが同一方向に見える時の二つの刺激の位置のズレを測定すれば、逆に眼位のズレを測定出来る事になります。
斜位の測定は、この様な原理に基づいているため、網膜対応が正常ではなく、両眼の中心窩がお互いに対応点出来ない場合(網膜異常対応)や斜視などの原因で中心窩以外の点で固視する偏心固視などがある場合には通常の方法での斜位の測定は困難になります。

弱視アイパッチ




フレネル膜プリズムフレネル膜プリズム




オクルーダー

飛び越し斜視:中和プリズムを入れると前後に飛び越し、逆転方向に振れる。

間欠性斜視:ある条件下(快調な時は、正位から斜位。疲労時は、斜視になるもの。)

交代性斜視:斜視眼が左右どちらか一方と決まってないもの

片眼斜視:斜視眼が左右どちらかに決まっているもの

恒常斜視:恒常的に斜視状態にあるもの

共同性斜視:両眼の眼球運動に共同性があり、注視方向によって偏位度の変わらないもの。
多くは先天性であり、発育の過程で順応している為、複視を伴わない。
同一目標については、第2偏位は第1偏位に等しい。通常複視はない。
もしあっても注視線の方向によってその度が異なることがない。
定位の誤認がない。通常顔面を傾けることがない。

麻痺性斜視:同一目標については第2偏位は第1偏位よりも大きい複視があって、注視線の向きによってその度が異なる。患眼で外界を見ると定位の誤認。顔面を傾けて物体を見る。

麻痺性斜視の治療:自然治癒するものは3ヶ月で半数、6ヶ月で90%となる。
頭部を打つ、眼筋にウィルスが入る為一時的に眼筋が麻痺を起こし、そのためプリズムによる治療は、眼位のズレの改善とともに随時度数を交換可能な物で、比較的早期から症状緩和のため用いることが出来るが、手術が通常6ヶ月間眼位ズレが固定したのを確認した後行う。小さな麻痺性斜視にはプリズムで複視を矯正するが、フルネル膜プリズムは、軽く収差が少なく大きな角度でも装用出来、簡単に貼り替えられる。

視機能 角膜反射法

異常対応角=他覚的斜視角−自覚的斜視角

他覚的斜視角−異常対応角=自覚的斜視角


正常対応  他覚的斜視角=自覚的斜視角度

異常対応  調和性異常対応  他覚的斜視角と異常対応角=自覚的斜視角はゼロ

        不調和性異常対応  他覚的斜視角と異常対応角は一致しない

背理性複視  他覚斜視角があり、自覚的斜視角がゼロの場合
         斜視の手術をすれば背理性の複視が出る

対応欠如  自覚的斜視角の証明されないもの

網膜異常対応
視機能 網膜異常対応

背理性複視
眼位のずれがあっても網膜対応の存在により、両眼同一視できており、複視が生じていない場合がある。このような場合、眼位矯正目的で手術治療をした場合、眼位は正常となっても対応異常が残存し、逆に複視を生じることとなる。これを背理性複視と呼び、手術治療において絶対に避けなくてはならない状態である。臨床の場では、術前にプリズムを矯正予定量装着させ、術後の状態をシミュレーションし、背理性複視の出現の有無をチェックする。
視機能 背理性複視

■2種免許新規取得、車両を運転する方、更新される方の場合

車の運転中左側のサイドミラー、足回りを良く擦る。

バックの時、距離が合わずに良くぶつかる。

たまに、前の車との車間距離が急に近づいたりしてブレーキを掛ける事がある。

走行中、案内板が読み取りにくい。

視機能 立体視

両眼視・視力(40″・1.0V以上)など正常だが三桿法が合わない場合

視機能 深視力検査

∞、2m、1m、50cm、40cm、35cmにおける距離でのカバーテスト確認

2.5Mの距離において、人形棒で輻輳の確認。
視機能 輻輳

5Mの完全矯正値より+0.4D加入(2.5Mで見る為)。

両眼視力1.2V以上(動体視力より2段階下がる0.9V)。

立体視は反転テストを何回か繰り返し0.5凾クつ±加算(40″)。

判定2cm前後の誤差がOK。

BINの場合
ボタンを遅れ気味に押す。
外斜位の患者は距離を過少に目測(実際より近づく)。

BOUTの場合
ボタンを早めに押す。
内斜位の患者は距離を過大に目測(実際より遠く)。

■対座法について

視機能 対座法
固視点を注視した状態で1眼または両眼に見える空間の広さを視野という。
網膜の感度は、中心窩において最大で中心窩を離れる程悪くなる。
視野もこの網膜の感度の分布と同様のパターンを示す。
視野の欠損とはあらゆる視的刺激に対して反応を示さない。
視野の陥没は視細胞の感度の低下のために比較的強い刺激に対してのみ反応を示す。
暗点は視野の内部に存在する島状の欠損または陥没を示す。
両眼を合わせた側方視野 180°
両眼に共通の鼻側視野 60°
マリオット盲点は視野中心から外側 15°
上方 60°  下方 70°  耳側90°  鼻側60°
視角にして縦 7° 40′  横 5° 30′ の縦長の楕円形。

検者は被検者と50cm離れ対座する。(中間の距離で、右眼検査の時は左眼を覆う)
被検者は光源を背にして座り、検者は暗い均一な背景を背にして座る。
お互いの視線が同じ高さになる様に椅子の高さを調整する。
視野の外側から中心に向かって指または直径5mmの視表を使い、移動させる。
認識出来た時に合図をしてもらう。
注意@として  その都度指の本数を変え、感や推量による返答を防ぐ。
注意Aとして  お互い向かい合った眼を注視する事。

■色覚テストについて

      視機能 D−15テスト
KOLLNERの法則−簡易テスト

網膜の硝子体に近い層の疾患は主に青、黄色異常をもたらす。

網膜の外側の層や神経の疾患は主に赤、緑色異常をもたらす。

青、黄色異常をもたらす疾患は、緑内障、網膜剥離、網膜色素変性、老人性黄斑部変性、
網脈絡膜炎、糖尿病性網膜症、高血圧性網膜症、乳頭浮腫、メチルアルコールにおける中毒症

赤、緑色異常をもたらす疾患は、視神経の障害、球後視神経炎、視神経萎縮、たばこ弱視

■視機能 チェック

こんな症状はありませんか?
視機能チェック

■より詳しい内容を知りたい方

各大学病院・眼科のHPをご覧下さい。
新潟大学

慶応大学

北里大学

岡山大学病院

昭和大学藤が丘病院

三島眼科医院

大島眼科病院

かわばた眼科

上岡眼科医院

後藤眼科中野南口クリニック
      

三邦堂 案内


各大学病院の眼鏡処方箋も承ります。

Copyright (C) 2005 - 2007 【新宿のメガネ】三邦堂トップページ